2017年5月28日日曜日

広重よりも北斎派


楽器の練習なおいて、一番大切なことはなんですか?と問われたら、
自分が出したい音、音符、リズムがどれだけ明確にイメージ出来ているか、
と答えたいと思っているのだけれど、そういった質問を受けるようなことは
きっとないように思う。

数年前に電子ドラムなるものと、合わせてドラムの教則本みたいなものを合わせて購入したのだけど、ちょっと触って満足してしまい、そこから埃をかぶってしまっていた。
ところが、ここ一年でピアノの演奏力の向上意識と合わせて、音楽におけるリズムの重要性を人生で一番痛感するようになり、自然と電子ドラムのゴムパットをパタパタと叩くようになった。

ドラムなんて練習スタジオに入った時に遊びで叩く程度で、しかももともとリズムに興味がなかったのでうまく叩けなかったのだけど、リズムに興味を持つようになってそれなりに練習すると、それがどうも少しはマシになってきた。

ピアノにドラム、ギターに歌。それぞれ全然別の楽器なのだけど、不思議とピアノが上達したらギターも上手くなったし、ドラムが多少叩けるようになったらピアノの左手のリズムが良くなったし、なんだか歌も、調子が良い。

なんでもそうだけど、うまくなりそう、っていう希望がある時が一番楽しいし、
それがない時が一番辛い。

最近曲は書けないけど、書けそうな予感はあるので、希望はある。

0 件のコメント:

コメントを投稿