2012年9月17日月曜日

レコーディング回想記⑧〜完〜

7/3(火)

ドラム、ベース、ギター、ボーカルのレコーディングが完了し、
この日はキーボードの再録。
僕の家に吉村君に鍵盤を持って来てもらって、ライン入力にて録音。
このとき前日録ったギターとボーカルが入ってない状態で録ったと思う。

前回6/26にドラムベースとせーので録ったのもよかったが、
吉村君は自分のプレイに納得いかず録り直しとなった。
僕的にはOKだったが、彼のこだわりは素晴らしいと思う。

テイク的には2、3テイクくらいだったと思う。彼の安定力は素晴らしい。
僕の家の冴えない部屋でも集中力を持って、曲へ入って行って、熱い演奏をしてくれた。
アウトロでのソロも前回に劣らない素晴らしさだった。

その後、アウトロ以降のエレピはを吉村君に弾いてもらった。
アウトロ9小節目以降はすべて吉村君のプレイだ。その前まで僕が弾いている。
ややこしい。アウトロ9小節目からのソロも試行錯誤して、ブルーススケールで入って、
そこから悪魔が天国へ昇華するような展開をお願いした。
ポリリズム部分もさらにシンコペーションする感じでより面白くしてくれた。
わりとさくっと録れたと記憶している。
これで吉村君の作業は終わり。

今回、曲を共作してくれた彼の功績は大きい。
吉村君とは今、別のユニットを始めている。
もしこの曲を気に入って下さったとしたら、
このユニットを期待して待っていて頂ければと思う。
うまくレコーディング出来れば、おそらくそれよりももっとよい曲がこのユニットの曲として発表出来ると思う。とびきりのやつが出来ている。

7/4(水)
バイトから帰ってからおそらくコーラス、シェイカーのダビングをしたと思う。
この辺りはかなり佳境で、かつ1人作業なので記憶が曖昧。
この回想記、結構メールのやりとりを遡って作業日等を確認しているのだけど、
おそらくこの日、歌のセレクトより先にダビングをしたと思われる。
そう、そして字ハモ(歌詞をハモる)の部分は先にセレクトした記憶がある。
そうしないと合わせて歌えないから。
コーラスでは間奏の部分(OH〜OH〜)で嫁さんに歌ってもらっている。
僕の曲に参加してもらうのは初めて。ポール&リンダマッカートニーよろしく、
と思いつつ。2人で同時に歌ったものを4回分ダビングしている。
今回コーラスは僕の曲にしては少なめだ。というのもメロディが複雑すぎて
ハモれない。かつパッド的なものも必要なかったからだ。

7/5(木)
おそらくこの日ボーカルのセレクトをしたと思う。
この日もバイトから帰宅後、そして深夜まで作業していたはず。
形跡がメールに。というのもこの翌日がミックス作業日だったからだ。
ボーカル、セレクトするまでは不安だったのだけど、
つないでみると、ほぼ足りないところもなく、良いものが出来たと感じた。
今まで一番良い歌かもしれない、と思っている。
もう少しクールなテイクもあったのだけど、
歌っている最中、自分の一番の持ち味はやはりポップさだ、と
強く感じたので、セレクトもポップな表情のものを選んだ。
ある意味以前から聴いてくださっている方に違和感ないものになっていると思う。
曲の複雑さを中和する意味もあったと思う。
そして、当初の予定通りオートチューンは使わずに済んだ。当たり前の話なんだけど。

7/6(金)
この日はミックス作業日。
エンジニアの佐藤清志さんの自宅スタジオ、secret base studioへお邪魔した。
綺麗な一軒家の一部屋に、非常に立派なミックススタジオが作られていた。
まずは、僕は基本待つだけだったのだけど、とても座り心地のいい椅子があって、
疲れる事なくミックス作業を拝見した。
その間に撮った写真。なぜか光が美しく撮れた。




佐藤さん、とても集中して作業されていた。
一段落ついたところで、いろいろと意見を交わしたと思う。
ギター3本にかけるコーラスの事や、ドラムのサウンド、
とくにドラムのサウンドについては時間をかけたと思う。
コンプレッサーのかかり具合に関してはラジカセで聴き比べたりした。

そして、一番大きな点はギターのストロークパートを結局、
一番最初のスタジオノアでレコーディングでしたものに戻したところだった。
部分的にやるべきフレーズをやれていない部分がったが、そこはやむなく編集した。
そうしてでも、そのギターにしたほうが全体のサウンドはまとまった。
一番最初のレコーディング、しかもなれない状態で弾いて頂いたものだったが、
キチンとリズムに乗り、その後に録った音とずれはいっさいなかった。
ここにギタリストネロさんの底力があった。助けられた。

ボーカルやエレピにかけるリバーブの量など、
他にも細かいボリュームの調整などとても楽しく作業した。
終電間際まで作業して頂いて、結局仕上がるに至らず、残りはメールのやり取りで
仕上げることになった。

7/9(月)

音データの締めきりの前日。
佐藤さんが作業出来る日がこの日だった。
メールで送って頂いて、微調整をして頂いて、また送って頂いて、
というやり取り。最終的に2つのバージョンを作って頂いて、
僕が最後に選んだ。
このやりとりではギターのバランスと、ドラムのオーバーヘッドと呼ばれる、
頭上に立てられたマイクの音量のバランス、ボーカルのバランス、この辺りが主な
やりとりだったと思う。
あとは音全体にかけるトータルコンプの量。サウンド全体をどれくらい、つぶすか、
という具合だ。
歌のボリュームはかなり悩んだあげく、自分的に少し大きめのものを選んだ。
歌詞が入って行くかどうか、そこが重要だった。
音楽的にはもうすこし小さいほうがバランスがよかったかもしれないのだけれど、
今回歌詞に関してはしっかり届けたい、と思っていたので大きめにした。
0.5デシベルの差で、歌詞が届くイメージが変わる感じがした。

ちなみに曲のエンディング、アカペラになって終わるのだが、
途中でブツ切れのようにしてある。これは意図しての事。
ほんとうはしっかり「ダン」と発音していたものを、
佐藤さんが意図してブツ切りにして下さっていた。
切れてないものと両方聴き比べたが、切れているほうがかっこ良かったのだ。

そうして7/10(火)、締め切り日に月見ル君想フに納品することができ、
無事レコーディングは完了した。

今回のレコーディング、まず第一にライブハウス月見ル君想フさんからのコンピレーション参加依頼が
なければ実行されなかった。ちょうど僕が行き詰まりかけていたタイミングで、
なんでもいいからやってみようと思えた。
店長寺尾さんにはお世話になりっぱなしです。感謝です。

そして、共作者の吉村隆行君。
この話を承諾してすぐ、彼と共作しようと思った。
先に書いたが、既に彼とはユニットとして共作を始めていて、
かなり手応えのある曲が書けていた。
彼がいれば1日あれば必ずいい曲が書けると思った。
そして実際良いものが書けた。ありがとう。
そしてこのユニット、早く音を届けられるように頑張りたい。

そしてイトケンさん、笹井さん、ネロさん、のバンドメンバー。
さらに笹井さんのご紹介で今回非常にお世話になったエンジニア佐藤清志さん。
皆さんの協力なしには産まれなかった。
今週、打ち上げがあるので、改めて感謝を伝えたい。


ここからたくさんの人に曲が届くように願っています。



「Bon(nb) Odori」

Music by クノシンジ、吉村隆行
Word by クノシンジ
Produced & Arranged by クノシンジ
Recorded & Mixed by 佐藤清志
Mixed at Secret Base Studio

クノシンジ:Vocals, Shaker, Electric Piano
伊藤健太:Electric Bass
笹井享介:Drums
ネロ:Electric Guitars
吉村隆行:Piano, Electric Piano
久野はるか:Chorus


0 件のコメント:

コメントを投稿