2012年7月26日木曜日

レコーディング回想記②

6/2に作曲を終え、作詞より先にまずアレンジにとりかかった。
今回の曲、前回から書いているように吉村隆行くんとの共作。
作曲セッションの時点で仮のエレキギターとピアノが入っていたように思うので、
そこから足し算のアレンジだった。
バンドのレコーディング、という外的要因があるため、上モノに頼らない、
バンドらしいサウンドを心がけつつ、最近興味を持っているアフリカ、そしてハイチのリズム、サウンドを取込もうと試みた。

そもそも僕がワールドミュージックに惹かれるようになったきっかけの一つは、
ポールサイモンの『Graceland』というアルバム。
ポールサイモンはサイモン&ガーファンクルの片割れで、
コンビ時代ほぼすべての作詞作曲の手がけた。
分裂後のソロアルバムとしては6枚目。
アフリカのミュージシャンと作り上げたサウンド。
1986年のグラミー賞最優秀アルバム賞受賞作品。
最近リマスタ盤が再発、僕はボックスセットを購入しました。
ライブ映像がかっこいい。
こちらはスタジオ録音、タイトル曲「Graceland」。



このアルバムのサウンドに加えて、最近かなり気に入って毎日のように聴いている、
ハイチの70年代のバンド、skah shahの『1』というアルバムのサウンド。
これも取込もうと試みる。
ハイチの音楽はアフリカのリズムから生まれ、さらにフランス支配下だったために、西洋の影響も受けた。さらに隣国ドミニカ共和国発祥のメレンゲから派生して、コンパというジャンルを確立。このアルバムが出た70年代はmini jazzと呼ばれる、バンドサウンドでのコンパが生まれた。

『Graceland』と比べて月とスッポン、ほとんど知られてないアルバム。

この2枚のサウンドを参考にしつつ、作った曲はツーファイブを多用した、
ジャズ、ビバップ的なコード進行もあるので、「西洋のハーモニーとアフリカのリズムの融合」、
と大して新しくもない大それたテーマを掲げてアレンジ。
skah shahの方は吸収出来なかったけれど、『Graceland』のほうには少しだけ
影響を感じられるサウンドになった。そもそもskah shahには大量のパーカションが
溶けていて、そもそも近づけなかったのかもしれない。イントロやコーラスに雰囲気は出た。

ちなみにデモの時点での仮タイトルは「moondance」。
2人で作曲した時にはなかった間奏、アウトロのコーラスや、
ポリリズム的アプローチも投下。完全にモノに出来ていないチャレンジングな
ポリ。その後のリハの時か、ドラマーの笹井さんには「moondanceなのに全然踊れない」と言われた。

ちなみにデモを制作しながら、ほぼ毎日メンバーのスケジュール調整。
これが非常に大変だった。
皆忙しい方々の上、スタジオの空きとの闘い、予算が出ないプロジェクトなので
自分の財布との相談。
考えてみれば、こういったスケジューリングは音楽を始めたときから、
ずっと誰かにやってもらっていたのだ。随分楽させてもらっていたのだと実感。
(さらにレコーディングが進むにつれ、いかに昔の環境が良かったかを痛感。)

メンバーにデモを送り、吉村君から非常に好感触をもらい、
行けるかも!と自信になった。
ポリリズムに関するアドバイスももらった。

その後、スケジュールのメールのやり取りで、6/15(金)の夜に最初で最後のリハーサルが決まった。


P.S.
ワールドミュージックに興味を持つようになったきっかけのもう一つが、
神森徹也さん。
以前から親しくさせて頂いていたのだけれど、昨年のイベントに出て頂いてから、
神森さん主催ポリリズム研究会、に参加するようになり、アフリカのポリリズムの
研究を一緒にさせて頂いている。そのおかげで、アフリカの音楽の魅力を
理解出来るようになった。
そんな神森徹也さんのライブが8/17深夜に吉祥寺スターパインズであります。


0 件のコメント:

コメントを投稿