2012年7月22日日曜日

レコーディング回想記①

ブログを書くことを一ヶ月半も忘れておりました。
その間に、久しぶりにクノシンジ名義で1曲、コンピレーションに参加が決定し、
レコーディングも完了しました。

今年に入ってからやっていた制作も一段落、次になにをしようか、と迷っていたところお話を頂いて、参加を即決。とりあえず、宅録でも練習スタジオで強引に録音する、とかでもよいから、何でもやってみよう、と思い。
そこで決めた事は、
①いつも一緒にやっている吉村隆行くんと共作で作曲しようということ
②ライブでお世話になっているバンドメンバー(伊藤健太さん、笹井享介さん、ネロさん、吉村隆行くん)で録ろう
ということ
でした。

そしてバンドメンバーに連絡を取っていたところ、ドラマーの笹井さんが、知り合いのエンジニアさんに当たってみよう、と言ってくれました。僕も一度お会いした事ある、佐藤清志さん。そうして、レコーディングをお願い出来ることになりました。

6/2(土)
まずは作曲。午後からいつものように吉村隆行君が家に来てくれ、共作を開始。
吉村君とはここ半年程共作作業をしていて、ほぼ毎回一曲生まれている事から、
今回も一日あれば一曲必ず出来る確信があり実行。
今回のコンピレーションのお題で「月」というテーマがあり、
最初は採用した曲とは違うメロディ、コードで作っていたのですが、
4時間程進めた後、行き詰まり、そこからそれを捨て1からの作曲を開始。
何となくさっと良いものが出て来て割とさくさく完成。作曲完了。
吉村君とのユニット用に書いた曲のノウハウをここでも活かした。
吉村君はいつもハーモニーに詰まったときに新鮮なコードを提供してくれる。



0 件のコメント:

コメントを投稿