2011年6月16日木曜日

ローラーコースターに乗ろう

昨日、徳永憲さんの『ただ可憐なもの』のレコ発を見に行ってきました。

今年の始めに出たアルバム、ブログにも
書いたのですが、本当に素晴らしく、レコ発ないのかな、と思っていたのですが、
ネットで情報を得、行って参りました。
会場は渋谷gee-geで、グレンスミスのサポートをした時に出演させて頂いた会場です。

ライブは弾き語りもあれば、
ホーンや弦を加え最大9人編成もあり、インストもあり、
バラエティに富んだ内容。
しかしながら、徳永さんの楽曲の統一感でもって、
一本の大きな軸を持ったライブでした。

2部構成で、前半は割と旧作中心だったかと思います。
後半は新作からの曲中心、特に素晴らしいと思いました。

人気の高い(と思われる)「本屋の少女」「神に麻酔を」「ボート」なども素晴らしかったですが、
「ローラーコースターに乗ろう」という曲が自分的にとても好きで、
ライブで聴いてもとても感動しました。

ローラーコースターという非日常空間の中で、
「君を幸せに出来るのかな?」と思う男を描いた、
この表現は徳永さんにしか出来ないんじゃないかと思います。

徳永さんのギタープレイ、
オープンチューニングや熱いフレージングも素晴らしく、
思わず帰ってきてからオープンチューニングにしてみたりしました。
まあ、全然弾けないんですが。


素晴らしいライブを見て、
刺激を受けました。

喉も次第に回復してきてます。
作詞も進め、自分も新しい作品作りに着手したいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿