2010年11月26日金曜日

グレンスミス

グレンスミスというバンドのライブに参加します。
どんなバンドかというのは、
一言で全然説明できないのですが、HPからprofileを一部抜粋してみたり。。以下。

「図書館」の宮崎貴士、「detune.」の郷拓郎&石塚周太、元フリーボの廣瀬方人、この4人の音楽家に、「図書館」での作詞が絶賛される足立 守正、漫画家の西島大介、そしてスタディスト岸野雄一が作詞家として参加。世代を越えた“音楽のための新ユニット”

ということですが、詳しくはHPでぜひ。


detune.の郷くんとは一度あった事も会り、twitterでも
会話をしてたんだけど、そこから宮崎貴士さんとも繋がり、
今回ライブに参加する事に。

先日は宮崎さんのスタジオにお邪魔して、
ポールマッカートニーセッションをしたり、
グレンスミスの曲をちょっとさらったりしてきました。
宮崎さん、ものすごくポールの曲に詳しく、
ほとんどの曲を知っていて、ピアノやギターで弾いてくれました。

いやはや、それはともかくグレンスミスものすごくいいです。
11/10発売の『ROMAN ALBUM』より、
PVのある「泣き虫モンスター」という名曲をお聴きください。


いいなと思ったらCDを買いましょう。
amazonでも買えますし。


で、僕が参加するライブ情報はこちらで。
12/29に渋谷gee-ge、1/23京都は元・立誠小学校にて。
僕は今の所、コーラスとアコギを担当する予定。


いやほんとに楽しみですし、
勉強もさせてもらっちゃおうと思います!


2010年11月2日火曜日

The sonic executive sessions

さて、今夜3つ目の記事。
嬉しかった話その2です。


The sonic executive sessionsというイギリスのバンドをご存知でしょうか?
twitterでつぶやいてはいるものの、改めて。

まずはPCの方は彼らのmy spaceへ飛んで、BGMにしながら読むと良いんじゃないでしょうか?





そもそも僕がこのバンドを知ったのもmy spaceでした。
僕の記憶からするとたぶんhajimepopさんという友達ミュージシャンから
my space上で進めてもらった記憶があったりなかったり。

最初からすごくいいなぁと思っていたけれど、
その頃は音源も出ていなく、すっかり忘れかけていた頃に、
twitterでまた話題に上り、いよいよ正式にCDリリースとのニュースが最近。

そこで、いろいろ調べると彼らのfacebookにメールでのオーダーが可能、
というニュースをこれまたtwitter上で素敵な音楽仲間の方から情報得て、
僕もつたない英語を駆使しメールでオーダーしたのでした。


(ちなみにメールでオーダーをし、支払いはpaypalというシステム。
これがすごく簡単で驚きました。
クレジットカードがあれば登録できて、支払い先の方のアカウントのメールアドレスを入れて、金額をいれてポチッとするだけ。便利です。)

そんなやりとりをメールで何度か、メンバーでボーカルのchristianさんと。
しばらくしてCDも無事イギリスから届き一安心。




最後にせっかくなのでと思い、僕も音楽を作っていてという文を書いて、
僕のmy spaceのアドレスを書いて送りました。
christianさんはちゃんと聴いてくれて、しかも気入ってくれました。
アルバムが欲しいとまで入ってくれたので『光のアルバム』をお薦めしたら、
買ってくれました。

それが今日届いたようで、ちょうどtwitterを始められたようで、
僕のアルバムのことをつぶやいてくれたんです。




自分が尊敬する海外のミュージシャンに気に入ってもらえることは、
本当に初めてで、とても嬉しいです。
海を越えて世代も超えて、こうやって音楽が届いたことは、
僕にとってとても大きな事かもしれないです。これも。
改めて『光のアルバム』の制作に携わった方に感謝です。
そして、その頃の自分を少しだけ褒めてあげることにします。

しかし、これはさっき書いた記事とは逆のパターンなのかもしれないですね。


いやまぁ、とにかく届くんだなぁと。
僕の音楽も、そして誰の音楽も。
その絶対数は減っているかもしれない、いや多分減ってる。
でも届く人にはちゃあんと届いているんです。
僕のもとにも、そしてみんなのもとにも。

数の理論で言ったらなんのことはないかもしれないけど、
でもいい作品がちゃんと届くってことになんの変わりはないという事。
そして、そういう風に音楽に耳を傾けて聴いている人が、ちゃんといるってこと。
信じようと思いました。

このThe sonic executive sessionsのアルバム『The sonic executive sessions』は、
1/12に国内盤でのリリースも決まったようです。


めでたいです、お店に並ぶんですね。
ボーナストラックとかも入るみたいです。

もしかしたら来日もありえるみたいなので、期待してます。


見失わず、強く、良い作品を僕も作ろうと思います。